第4回公演「かぞく」

2013/4/25~28

[ 演出 ]
  中野 志朗

[ 作 ]
  勝嶋 啓太

[ 出演 ]
  青 / 竹内 勇人
  赤 / 坂井 宏充
  黄 / 中田 由布

[スタッフ]
  美術/土岐 研一
  照明/島田 雄峰
  音響/長谷川淳
  舞台監督/杜江 良
  舞台監督補佐/大熊 康弘
  制作/黒田 能靖 奥村飛鳥(笛井事務所)
  宣伝美術/竹内 勇人 サカイケイタ

  演出補佐/森兼 健二

  音楽(上演後ライブ)/宮腰 理

  撮影/サカイケイタ 勝嶋啓太
  編集/サカイケイタ

[ 協力 ]
  うめの木作業所、M.M.P、文学座

  廣川靖、新宿ゴールデン街劇場

[企画・制作]
  ハイブリッド

 

【公演会場】

新宿ゴールデン街劇場

 

【公演日程】

2月14日(金) 15:00/19:00

2月15日(土) 13:00/16:00/19:30

2月16日(日) 13:00/16:00

2011年「最悪だ、」、、、2012年「お昼寝の時間」、、、2013年「トモダチ」、、、

 

他人とうまく付き合えない、なのに他人がいないと生きていけない―そんな現代人が誰しも抱える、

<<孤独>>や<<哀しみ>>、シュールな世界観と馬鹿馬鹿しい笑いで描き出してきた、

知る人ぞ知る演劇ユニットハイブリッド。

 

その第四弾となる今回のテーマは、ズバリ、<<家族>>。

 

テレビ観ながら、メシ食ってただけなのに、、、、、、気が付いたら、記憶喪失!?

 

あんた、誰? って言うか、わたしは、だれ? そもそも、ここは、どこ?

 

自分は何者なのか―失われた過去を求めて彷徨う、三人の男女の前に立ちはだかる

<<家族>>という名の<<記憶の迷宮>>、、、、、、

 

そして、彼らに突き付けられた衝撃の真実とは?

 

 

 

 

子どもの頃、よく実家にまつわる夢を見た。

 

夢の中では一階の床に秘密の扉があって、それを開けると地下室へ降りてゆく階段がある。また両親の寝室の箪笥をどけると、今迄、気付くことのなかった部屋があったりする。夢の中に現れる実家は、現実の実家とは似ていながらも「別世界」に繋がっており、内包する世界はどんどん巨大なものになってゆく。

 

夢の中に現れる家は、無意識の世界につながっているのだろう。

そこでは、現実にあった/なかった記憶が混在しているのだろう。

 

子どもの頃の自分は、夢に現れた実家の中を彷徨うことで、自らの存在の礎を発見したかったのかも知れない。

 

 

ハイブリッドのスタッフ・キャスト全員で紡ぎ出した夢の中の家を、観客席の皆様もご一緒に彷徨って頂けましたら幸いです。

 

演出 中野 志朗

※全画面でご覧になる場合はYouTubeのページよりどうぞ